子育て・教育

妊娠から出生まで

母子健康手帳の交付

 母子健康手帳は、妊娠から出産、さらにはお子様の予防接種や健康診査の結果を記録するために使用します。
妊娠したことが分かりましたら、早めに妊娠の届出をして手帳の交付を受けてください。なお、手帳の交付を受ける際は、事前に電話予約をお願いします。

妊婦健康診査受診票の交付

 妊産婦の母体の健やかな発育と安全な分娩、健康な子どもの出生支援のため、一般健康診査と精密検査を医療機関に委託して行い、費用について助成します。
助成内容  産前15回/産後1回

訪問指導

 妊婦の不安の軽減を図り、健やかな妊娠経過をたどることができるよう支援を行います。
●支援方法  保健師による電話や面談、家庭訪問による相談、助言

不妊治療費助成制度

 特定不妊治療、男性特定不妊治療、一般不妊治療を受ける夫婦に対し、治療費の一部を助成しています。

母子医療の公費負担制度

 次のような方は、県の医療制度によリ公費で医療を受けることができます。ただし、病気の内容や家庭の所得状況などにより、一定の制限があります。
詳しくは村住民福祉課(電話0247-49-3112)でご確認ください。

  1. 体の発育が未熟の状態で生まれた新生児を、医師が入院して養育する必要があると認めた場合
  2. がんや慢性腎疾患、ぜんそく、慢性心臓疾患、内分泌疾患、膠原病、糖尿病、先天性代謝異常、血友病などの小児慢性特定疾患者になった場合
  3. 身体障害児が医療や補装具を受ける場合

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは住民福祉課 健康係です。

役場庁舎1階 〒963-8401 鮫川村大字赤坂中野字新宿39番地5

電話番号:0247-49-3112 ファックス番号:0247-49-2651

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

鮫川村ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る